うつ病に連れ添い生きるとは

今後の糧となることを信じて

1回目のうつ病罹患の発端

それが今日の7年前の出来事です。それをきっかけに仕事先の雰囲気は一変、会社自身が生き残りをかけた壮絶な戦いがはじまりました。皆が殺伐とした雰囲気。そんななか、きっと私も殺伐としていたでしょう。

  そんなとき、先輩と仕事の仕方をめぐって口論。権力を盾に最後にはパワハラ状態に…最終的に私の心は折れました。

 

何を言っても無駄、そもそも私の進言やそこでの存在意義なんてないんだろうと考えるようになりました。そのうちに出社するのが辛くなり、眠れない…更には死にたいと思うように…

 

流石にまずいと相方は感じたようで、心療内科に行くように促され、泣く泣く心療内科の門を叩きました。

 

そこから、今の新しい私の生き方が始まったんです。

 

 

そして、今でも生きている私…そして生きたくてもそれを許されなかったたくさんの人たち…

 

そんな今日も私は生きています。RIP (-人-)