うつ病を克服できるかアラフォー管理職

うつ病と診断され約1.5カ月の休職。休職期間の自分のココロと復職後の道のりを綴ります。今後の方の糧となることを信じて

揺れるこころ(気分波下降中

昨日は疲れ果てたようで、時計もしたまま眠りにつきました。

 

ということで、ちょっと気分の波は下側へ来ているようです。

 

会社にこのまま残るべきか他に探すべきか悩ましい今日です。

 

今回役員同行をしていて、いろいろな話をお聞きしました。

経験談、失敗談…はもちろん、ご自分の持っている軸のお話。

 

 

 特に仕事をするにあたってのご自分の持論を聞いてたときは自分の心のうちが恥ずかしくなるほどご立派でした。

 

  特に心に刺さったのは、弊社はいまの現状の(傾いているんだけれど)ぬるま湯から脱脚するつもりがないのではないか?悪い点は分かっているのだから変えていくと良くなるということをやりたくないのではないか?との問いかけには、正直困りました。

 

  自身、会社がとても大好きで自分の子供のように思っていたころは、いかに次へ進むためにどうしたら良いのか、日々邁進していたと思います。しかし、自分が体調を悪くしてからは、その心は消え失せている気がします。ただ、現状から脱脚して傾きをなんとかしたいという気持ちは残っています。

 

   一方で、こころの健康を保つのがたいへんな職場ない続けるのは良いのかは自問自答しています。

   それは管理職という肩書きが重すぎるのかもしれませんし、水があわなくなってしまったのかもしれない自分。

   ただ、まだまだ、終身雇用の根強い日本で再就職をどう考えてよいかもわかりません。だれに相談したらよいのかもよくわからない。会社内で聞いてみるなんてもってのほかですからね。

   こころの健康なくして人生終わる時に後悔だらけにはなりたくない。よかったなと思ってこの世から去りたいと思うし、一回きりの人生だから後悔したくない。

 

自分はどうなっているのでしょうか