うつ病+メニエール病を克服できるかアラフォー管理職

うつ病と診断され約1.5カ月の休職。休職期間の自分のココロと復職後の道のりを綴ります。今後の方の糧となることを信じて

出張の前日移動開始

2泊3日の出張移動が始まりました。復職1週間と3日目の始まりです。(あれ?なんか今日出るのはまずいんじゃないかと今更ながら思う…けどいっか笑

 

  出張指示が出たのが先週の水曜日でしたかね…表面上は普通にしていますが、この疲れがどう出るかは未知数です。

 

どうしても他のブログさんをみると短時間出社からはじめますとか、お試し出社とか…からはじまり三ヶ月ほどは通常とは異なるようですが、残業厳禁?の他はフル出社ですし、いきなり出張3件をこの10日ほどでこなして行きます。

「短時間出社の代表例としてマイクさんの記事」

http://www.flahertylog.com/entry/20170521/1495353746

 

まぁ、考えようによっては、出張も、リハビリの一種にかんがえているのかしら??と勝手に良いように解釈するようにしました。この出張は経営層の同行で荷物持ち(土産)のようなものです。たぶん、私が話しをすることは殆どないでしょう。ただ、経営層にとっていくべき重要なものでもあります。それについていく形です。

 

  それにしても、緊張します。暫く出張はひとりで行くばかりでした。一昔前のようにかばん持ちさせつつ、横で勉強のためにメモを取らせる。夜はノミニケーション。こんなことなんてもう15年くらい前までの習慣ですかね。

   わたしも最初の3年はそうでしたが、その後はひとり出張ばかり。あぁ、一度だけ管理職になってから、わたしの権限でつれていったな…。とはいえ、金がない、一昔前とは違うとお供を連れて行くのはなかなか難しくなりました。それを考えるとなんだか前時代的なのかもしれません。

 

 この出張で自分にどう変化があるか、どう波がかさあるか、お伝えしようと思います。

 

 

あ、もしかして明日ついて行くひと、わたしがもらってコピーした資料、わたしに説明させるつもりでいるかしら??ま、明日の昼に勉強しておきますか。

 

この1週間みなさんがよい日々を送れますように。

まずは出張に出してくれた上司に感謝です。

(飛行機好きなんです✈️。だけど、16年間降りたことない空港が最終目的地。しかもこの時間ですから、不安いっぱいです。、でもユーロ圏で英語通じなくてこまるなんてはなしではなく、国内ですからいくらでもどうにかなります(*´꒳`*)

f:id:speedyfresh:20170521213358j:image