うつ病に連れ添い生きるとは

今後の糧となることを信じて

心の中の否定的な対話

自分に満足していたら、そんな会話はうまれない。

心の中で自分と対話して否定的な結論に達するり自分を追い詰めて、絶望をどんどん味わえるというパターンはわかって頭では認識していても、なかなか脱却できない。

皆さんはそんなとき、どうしてますか? わたしは 「べき 」や 「ねばならぬ」 を「自分で選んだことだよね」と振り返りようにしています

(もちろんそれで気分がらくになってるとかマインドチェンジできてるかはわからないです)