うつ病に連れ添い生きるとは

今後の糧となることを信じて

いらない私

一人いなくともこの世の中は変わらず続く。

歯車は回り続ける。
いない方が滑らかに回ることだってある

私がいなくなったのを機に歯車を変えたようだ。

そうして、地球もまわりいつも通り夜を迎え朝がやってくる


当たり前が当たり前ではなくなったとき

人は恐れる。

それはわたしも…